×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

「岡村増太郎・新撰地誌」

 

韓国は「日本が独島を自国領と認識していなかったことを示す教科書」と、この「岡村増太郎・新撰地誌」を持ち出している。

 

韓国の主張は「日本周辺の島に横線を引き、日本の領土であることを示しているが、「鬱陵島」「独島」は同じ横線で朝鮮の領土であることを明示している。」とか「独島に対する領土意識が全くなかったことが確認できる。」とか「独島が歴史的な固有領土だとする日本の主張には全く根拠がないことが立証された。これらの資料は、逆に歴史的に韓国の固有領土だったことを証明している。」などを主張していました。

「岡村増太郎・新撰地誌」

 

まず、日本領「竹島」の位置。

「西島」が上にあるので、座標は「韓国の島、独島」という韓国側のサイトに記載されている「西島」の座標を使います。「アルゴノート島(竹島「ダジュレー島(松島の座標はシーボルトの「日本図」より。竹島と同じ北緯の場所にマーカー。竹島と同じ東経にもマーカー設置。これで竹島と日本本土の位置関係が解ると思います。「ダジュレー島(松島)」、「鬱陵島」と福岡の小倉は位置が近いので、目印としてラインを引きました。それぞれの位置関係をよく見てください。

そして、岡村増太郎・新撰地誌」

何てこたぁない!

「アルゴノート島(竹島「ダジュレー島(松島です。

「アルゴノート島」「ダジュレー島」という島については、日本の公式地図に独島は存在しない。」Aを参照の事。

しかも、日本海とあります。「東海」「韓国海」はどこへ?

ついでに対馬も日本になっています。「対馬は歴史的に韓国の領土だ!」はどうした?

 

 

 

Top